SEOの基本

SEOは「Search Engine Optimization」 の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。SEO対策とは、検索エンジンの評価アルゴリズムを考慮して自分の会社のサイトを最適化し、GoogleやYahoo!などの検索結果の上位にサイトを表示させるための対策の総称となります。

では、なぜSEO対策を行う必要があるのか?
SEOの目的から種類、具体的な対策方法などをご紹介していきます。

SEO対策はなぜ行うのか?

検索結果の1ページ目に表示させられる

SEOを行うことで、発信したコンテンツが Googleからの高い評価が得られれば、検索結果の1ページ目(10番目まで)に表示されます。
SEOは、Googleが検索順位を決める仕組みを理解し行われる対策です。
上位表示されるためにGoogleが求める要素を多く実行することが、高評価につながります。

ユーザーは検索上位の記事をクリックする

ユーザーは、情報を求めて検索した際、検索上位の記事をクリックする傾向があります。
検索画面の1ページ目に表示されるサイト数は10個で、2、3ページと下位に表示されるほど、クリック率が低くなります。
1ページ目に表示される10サイトの中でも、1位の記事がもっともクリック率が高いです。
SEOを行う際は、1ページ目への表示、できれば1位表示を目指しましょう。

ただし、そればかりが目的となってしまわないように注意しなければなりません。
検索結果表示の1番目に表示されるようにするのは、
クリック数(アクセス数)をより多く得るための手段の一つでしかないのです。