Webマーケティングの基礎知識

現在のWebマーケティング業界は、毎日のように新しい情報が出てきており、

あまりのスピードで技術革新が行われるため「ドッグイヤー」とも呼ばれております。

そんなWebマーケティング業界ですが、そもそもWebマーケティングと通常のマーケティングは何が違うのでしょうか?

Webマーケティングとは何か?からメリット・デメリット、具体的な施策内容、事例等をご紹介していければと思います。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、Webサイトを用いて行われるマーケティング活動のことを言います。

もう少し具体的に言うと、Webサイトに人を集め、販売やブランディングを促進するための活動となります。マーケティングの基本的な活動に加え、Webでおこなうプロモーション活動となります。

一言でいうと「Webを活用して売れる仕組みを作ること」です。

最近では、SNSなどWebサイト以外の媒体も含めた「デジタルマーケティング」という言葉も広がってきており、同義に扱われることが多いですが、概念としてはデジタルマーケティングから絞り込んだ概念となります。
Webマーケティングがこれまでのマーケティングと大きく異なる点の1つとして、施策の効果が全て数値で見える点が挙げられます。

これまであったチラシなどオフラインの施策では、どれだけの人がチラシを見たのか把握が難しいことが問題でした。

一方で、Webマーケティングの場合は、何をきっかけにサイトへ来たか、どのコンテンツをどれぐらい見て購入に繋がったのかを全て数値で確認することが出来ます。